アスペルガー症候群カテゴリの記事一覧

アスペルガー症候群の子供への対応

アスペルガー症候群は、一般に発育と同時に病状が目立たなくなる、と言われています。 人によって障害の度合いは千差万別であり、また大人になってからも、その人に向いている分野で仕事をしている人もいます。アスペルガー症候群の子供は、自分の興味を持つ分野に、網羅的かつ微細にいたる、大学教授のような知識を持っている場合もあり、そのようなことから、アスペルガー症候群は「技術者タイプ」が多く、プログラマーやNASA職員などにも多く存在し、ビル・ゲイツもアスペルガー症候群だと言われています。アスペルガー症候群の子供に対しては、まず、アスペルガー症候群がどのような病気なのかをよく理解し、不適切な行動、風変わりな行動をとったとしても、困らずに受け止め、そのような行動の多くはアスペルガー症候群特有のハンディキャップのために生じている、と理解してあげましょう。また、次のようなことに注意しましょう。

 ・騒がしい環境が苦手なので、刺激が少なく静かな環境を好みます。また、感情的になったり、大声でしかったりすることはアスペルガー症候群の子供にとって逆効果です。
 ・何かにとてもこだわりを持つことがありますが、無理やり変えようと思うのではなく、それらえお生かす方向で考えてあげましょう。
 ・アスペルガー症候群の子どもは予測できないことや変化に対して苦痛を感じるので、スケジュールの変更はなるべく避け、やむをえない場合は理解できるように順序だてて説明してあげましょう。
 ・「社会性」に問題があり「暗黙のルール」などの「そんなの言わなくても分かるでしょ」といったことを読み取ることが苦手なので、ルールは指示は明確にしてあげましょう。曖昧な指示や皮肉、言外の意味の理解は無理だと考えた方がよいでしょう。
 ・否定的な言葉に敏感で、さらに、叱責されるような行動をしてしまうことが多く、元々自信を失いがちです。できるだけ肯定的に接し、褒めるようにしましょう。

アスペルガー症候群とは

アスペルガー症候群とは、自閉症の一種でLD(学習障害)や知的障害と同じ発達障害というグループに属しています。「知的障害がない自閉症」といわれ、認知や言語発達など、知的に遅れのある人はほとんどおらず、「高機能自閉症」とも呼ばれることがあります。アスペルガー症候群の病状は、「社会性」「コミュニケーション」「想像力」の3つの特徴を持ちます。「社会性」とは、他の人と一緒にいるときに、どのように振る舞うべきかと、ということで、「コミュニケーション」とは、自分の思っていることをどう相手に伝えるか、相手の言いたいことをどう理解するか、ということです。「想像力」とは、ごっこ遊びや、見立て遊び、こだわりと関係し、この子供は、想像力が欠如しているために、想像力の必要な「自分が○○だったら」というような「ごっこ遊び」の少なさ、融通が利かないなどに現れ、コレクションや反復的行動などとして現れます。このようなことから、アスペルガー症候群の人は高い知能と社交能力の低さを併せ持つ人と考えられます。当初はまれな障害とみられていましたが、最近の研究では,200〜300人に1人の割合で存在するらしいということがわかってきています。原因は親の育て方などではなく、出産時や出生後など早い時期に、何らかの理由で脳の一部に障害が生じたのだろうと考えられています。「アルバート・アインシュタイン」や「トーマス・エジソン」「ビル・ゲイツ」「織田信長 」などの偉人たちもアスペルガー症候群であったと言われています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。