慢性疲労症候群カテゴリの記事一覧

慢性疲労症候群の治療

慢性疲労症候群の治療は、基礎疾患が認められず、また臨床検査上異常がない原因不明の病気なので、完全な治療法はまだ確立されていません。したがって、患者個々に応じた対症療法を実施することになります。投薬治療では、抗ウイルス薬や免疫グロブリン・免疫調節剤・ビタミン剤などが使用されます。場合によっては、抗精神薬や睡眠導入剤・消炎鎮痛剤も併用されることがありますが、慢性疲労症候群の治療における安全性や有効性はまだ確立されていません。インターフェロンや抗ウイルス薬を使った治療法も多く試みられていますが、ほとんどは効果が出ていません。月見草オイルやフィッシュオイルなどのサプリメント、ビタミン剤の多量投与はよく行われますが、こちらも有益性はまだ証明されていません。また、少数ですが硫酸マグネシウムの筋肉注射により病状が改善する例があります。それ以外の治療法としては、メンタル面として、同時に患者の不安を取り除くために、カウンセリングなども行われることがあります。また、個人またはグループでの行動療法といった心理療法も有益です。さらに、運動療法として、ウオーキング、ジョギング、水泳、サイクリング、などの軽〜中度の有酸素運動を、医師の指示の下で行うことにより、疲労感を軽減させ、身体機能を高めることができます。尚、慢性疲労症候群の患者は、男性:女性=1:3の比率になっています。また、児童にも病状は起こるため、不登校に陥っている場合もあります。まずは医師と相談の上、十分な休養を取ると共に、適切な治療を行いましょう。

慢性疲労症候群とは

慢性疲労症候群とは、日常生活が送れないほどの重度の疲労感が長期間続く状態をいい、CFSとも言われます。慢性疲労症候群は身体的原因、精神的原因ともに解明されていません。病的な疲労感はいくら休息をとってもほとんど、あるいは全く改善しないのが特徴で、風邪が長引いたような症状が続いたり、ひどい疲労感があって日常生活が出来なくなったりします。慢性疲労症候群がひどい場合には、身の回りのことも出来ず、日常生活に介助が必要で、終日就床を必要とする、ということもあります。慢性疲労症候群の診断を確定できる検査法はなく、甲状腺疾患、精神病、アルコール依存症など、同様の症状が現れる病気を除外するために検査・診断する必要があります。慢性疲労症候群の診断が下せるのは、薬の副作用も含め、この疲労感を説明できる明らかな原因が見つからなかった場合に限られます。厚生労働省の診断基準では、最低要件として「他の病気による物で無い事」「6ヶ月以上にわたる症状の持続」として診断されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。