エコノミークラス症候群カテゴリの記事一覧

エコノミークラス症候群の予防法

エコノミークラス症候群は、飛行機のエコノミークラスの乗客からの発症が多く報告されているためこのように呼ばれていますが、エコノミークラスの飛行機のみで起こるわけではありません。エコノミークラスでの発生報告が特に多いのは、ビジネスクラス、ファーストクラスに比べて、座席の間隔が狭く、体の動きが制限されていることに関係があるようです。また、飛行機以外でも、長距離バス・列車・自動車・船・パソコンなどで、長時間一定の姿勢を続けることで、同じように危険があります。エコノミークラス症候群の予防策としては、まず、できるだけ体を動かすようにして、定期的にトイレなどで席を立ったり、手足を動かしたり、ストレッチをするなどが有効とされています。エコノミークラス症候群を予防するには、できれば1時間に1回は足の運動をしましょう。また、飛行機内は乾燥しているため、水分を5時間で1リットルを目安に飲みましょう。また、アルコールやカフェインは、利尿作用により体内の水分を減らし、エコノミークラス症候群が発症しやすくなるためなるべく控えましょう。また、足に静脈瘤のある人、足の手術を受けた人、血液凝固機能に問題のある人、肥満者、妊娠中の人、高齢者、喫煙者などは特にエコノミークラス症候群にかかりやすいといわれています。また、エコノミークラス症候群発症率は飛行時間に比例し7〜8時間上で発生頻度が高くなり、15時間以上では特に危険だと言われています。

エコノミークラス症候群とは

エコノミークラス症候群とは、飛行機などの乗り物で長時間座っていた人に起こる、深部静脈血栓症に伴った急性肺動脈血栓塞栓症のことです。飛行機のエコノミークラスの乗客からの発症が多く報告されているためこのように呼ばれていますが、座席のクラスに関係なく、また航空機以外の交通機関や劇場でも一定の姿勢のまま長時間動かなければ、同様の危険があるとされています。飛行機や車などの狭い座席に、長時間座っていることが原因で血行不良が起こり、脚の静脈に血栓(血の塊)ができ、この血液の固まりが、脚から肺に運ばれ肺動脈が詰まり、酸素を取り込めなくなってしまいます。また、エコノミークラス症候群では血栓は脳や心臓に移動して、脳卒中や心臓発作を起こすこともあります。エコノミークラス症候群は、時間が長いほど起こりやすく、長時間のフライトの後、空港につくやいなや、倒れて死亡する、というショッキングな例も報告されています。成田空港でも、軽症を含め、年間100〜150件ぐらい発生しています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。